×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゲルマニウム温浴の効果

ゲルマニウム温浴の効果

ゲルマニウム温浴の歴史

 1984年頃、当時プロ野球西武ライオンズ監督であった広岡達郎氏が使用、宣伝した事もあり知名度が上がり、雑誌などで取り上げられブームとなった。しかし、毒性を持つ無機ゲルマニウムを溶かした食品を売る業者が現れ、中毒症や死亡事故が起こり、当時の厚生省からゲルマニウムの飲用についての指導が入り下火となった。その後、2004年頃にも多くの有名人が使用したことで雑誌に取り上げられ、ブームとなった。

 現在では、痩身美容・リラクゼーション・鍼灸治療などに他の療法と組み合わせで用いられる場合が多く、サウナ・岩盤浴などと並び温熱療法の比較的ポピュラーな存在となっている。なお、現在までのところ、ゲルマニウム温浴での事故は報告されていない。(ウィキペディアより)

ゲルマニウム温浴の効果

 主な効果として、血行促進、発汗、冷え性・肩こりの改善、体内の酸素を豊富にする、老廃物を排泄(デトックス)、インターフェロンの誘発、これ等による体質改善効果が上げられると言われている。中でも発汗効果が大きいと言われ愛好者も多い。しかし、これらの効果や効能は科学的に臨床実証されているものではなく、科学的根拠は不明。一般的にゲルマニウムの皮膚からの吸収はほぼないと考えられているためゲルマニウム自体の効力・毒性が当てはまるかどうか分かっていない。その効果や効能が科学的に証明されていると偽る業者も一部に存在するため、注意が必要である。(ウィキペディアより)

ゲルマニウムの人体への影響

 ゲルマニウムによる人体への影響として、貧血に効果がある、金属ゲルマニウム(主に無機ゲルマニウムが使用される)を身につけることで疲れが取れる、新陳代謝を活発にする、などといった効能があるとされ、ゲルマニウムを使った健康器具類が販売されている。しかし、ゲルマニウムが直接そのような効能、効果をもたらすことは医学的に証明されていない。

 日本では、薬事法に基づき承認や認証を得た「家庭用磁気治療器」等の医療機器の中に、一部ゲルマニウムを用いているものがあるが、これらはゲルマニウムの治療効果によって承認・認証を得ているものではないため、ゲルマニウム自体が何らかの治療・予防・改善効果をもたらすと標榜することは当該品目の承認・認証内容を逸脱するため認められない。また、ゲルマニウムによる治療・予防・改善効果をうたうことができる医療機器は2008年現在日本国においては認められていない。(ウィキペディアより)

Copy Right ゲルマニウム温浴の効果 Since 2006
[PR] 無利息キャッシング だいなーす カルシウム らくてn らくてん らくてん バイオメトリクス